地域進出は高い!?それであれば代理店を利用する

効率的な地域進出のために利用する

企業が全国展開をするためには、支店を設置してそこで働く人員を確保してと相当な費用や投資が必要になります。費用対効果を考えた場合に進出しない方がいいと判断された場合でも、その地域で自社製品の販売をおこなうことが必要です。そのような場合には、その地域に既存する会社に自社製品を代理店として販売してもらう方法が考えられます。当然、代理店として契約をおこない手数料等の支払いが発生しますが、自社で支店を設置するよりも効率的です。

代理店として収入を得ること

依頼された代理店となる会社としては、その企業の製品を販売することになりますが、販売して売れた分については手数料を得ることができます。また設定された目標数値にいった場合には更に報奨金を得ることができます。そのため販売するための、扱う製品自体の勉強をする必要があります。その会社で働く営業員全員に対して商品説明会を実施して、販売できる環境を用意するのは依頼した企業になります。新製品が発売されるたびに商品説明を実施して販売に支障がないように手配します。

お客様のために商品知識の吸収

代理店としては、その企業の製品を販売することで収入を得ることができますが、より多くの収入を得るためには、複数の企業の代理店になることが一番です。企業を代理店契約を締結する際に、代理店としての複数社と契約する旨を伝えた上で契約します。お客様とすると、ひとつの代理店でいろいろな企業の製品を比較検討できるため便利になります。反面、多くの製品を取り扱うことになるために、会社の営業員としては更に商品知識を深める必要があります。

代理店は会社と契約をすることにより、その契約会社の商品を店頭で売ることができるお店のことを言います。