タイプいろいろ!レンタルオフィスをタイプ別で選ぶ

都心の一等地にでも借りられるから

レンタルオフィスは、よりお手軽な賃貸オフィスの一種だと考えるとわかりやすいでしょう。フロアの一区画からの貸し出しというタイプのオフィスであり、入居審査などの基準もそれほど厳しくないため、誰でも簡単に借りることができるオフィスとして普及してきています。レンタルオフィスの利点は、たとえ都心の一等地であっても、より安価で借りることができるということです。ハイグレードなオフィスであれば、会社の信用度を高めることもでき、アクセスの良い立地で仕事もしやすいです。

一般型のレンタルオフィス

ハイグレードタイプのレンタルオフィスは、確かに好立地でアクセスも良く、信用も高いというすべての条件が整っているかもしれません。しかしいくらレンタルオフィスといえど、やはりハイグレードタイプは賃料がネックとなります。そこで、一般型のレンタルオフィスという選択肢を選んでも良いかもしれません。一般型のレンタルオフィスは、東京では最も多いタイプのレンタルオフィスで、立地もそこそこ、またワンフロアを仕切った個室タイプのオフィスとなります。

自治体型や開放型のレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には自治体によって運営されているものもあります。地方自治体が空室ビル対策の一環として、レンタルオフィスとして貸し出していることがあるのです。自治体によって運営されているレンタルオフィスは、その分だけ信用度が高いので、安心して借りられます。また開放型のレンタルオフィスというものもあります。開放型はより安い賃料で提供されているオフィスで、一般型のオフィスと比べて仕切りがなく、利用者同士のコミュニケーションの活発化を目的として作られたレンタルオフィスです。

レンタルオフィスにはデスクや椅子だけでなく、インターネット回線や電話などが引かれているので入居してすぐに業務が始められます。