起業の代表的な方法とは?自分に合った方法で起業しよう!

個人事業主で従業員を雇わず起業する

会社をやめて独立起業しようと考えている人は、自分の得意分野や前職の経験を活かせる事業分野での起業を目指す人が多いでしょう。しかし、どんな事業をするかということと同時に、起業の方法についても検討する必要があるかもしれません。最も低少ない費用と少ない手続きで始められるのは、従業員を雇わず個人事業主で始めることでしょう。税務署等に開業届を提出するだけですぐにでも事業を始められる点が魅力です。最初は小さく事業を始めようとする場合にも適している方法かもしれません。

一人でも法人設立して起業する

起業の方法としては個人事業主という選択肢以外にも法人を設立する方法も考えられるでしょう。設立登記等のコストがかかったり、設立後の事務処理が個人事業の場合よりも煩雑になる等のデメリットはありますが、取引先に与える印象が変わってきて信用が得やすいという大きなメリットがあるでしょう。立ち上げ後、短期間で事業を拡大しようという計画がある場合は、最初から法人を設立してしまう方がいいかもしれません。従業員を雇わなくても設立は可能です。

従業員を雇うのであれば法人設立が有利

最初からかなり大がかりに事業展開をする起業を考えている場合は、法人を設立した方が有利かもしれません。理由は、従業員の採用です。一般的には、個人事業主の採用よりも法人の採用の方が人気がありますので、最初から法人化して採用募集をする方が優秀な人材を確保できる可能性が高まるでしょう。どんな事業展開をするかは人によって様々です。その展開に合った形で起業の方法を選ぶことが、事業の順調な発展と成功の近道となるのではないでしょうか。

テナントの準備や、就業規則の作成等、会社の創業には様々な準備が必要になります。そんな会社の創業の支援を受けたいのなら、専門業者に相談してみるのが賢い方法です。