ロケーション選びは大事!太陽光発電に適した土地とは

太陽光発電に適した気候とは

年中安定して長時間の日照を得られる土地というのが太陽光発電にとってベストなロケーションである事に間違いはありません。日本国内でいえば冬季でも日照時間が多く、夏季でも海霧等冷たいガスによって日照が遮られないエリアとなる関東以西の太平洋岸や瀬戸内海、九州地方等がかなり有利な条件となってくるでしょう。日本海側は冬季に雪天により日照が遮られる日が多く、また東北地方以北の太平洋岸は親潮とやませによるガスが発生し夏でも日照時間が少ない年があり、より効率良く電力を集められる工夫や機能が必要となってきます。

発電装置の早期劣化を防ぐのに有利なロケーション

太陽光発電も所詮は複雑な機構を用いた発電システムですから、いくら日照条件が良くとも気候自体が厳しければ各装置の劣化も早くなり、これれらの交換サイクルを早める必要性が生じてきます。例えば西日本の太平洋岸や東シナ海沿岸部は年間を通して日照は大変豊かなものの、台風や低気圧による暴風や大雨、塩害に晒され易く、それらへの対策が別途必要になるケースが多いのです。一方四方を山地に囲まれ穏やかな晴天が続き易い瀬戸内地方はこれらの影響も比較的少なくて済み、太陽光発電には大変適した条件と言えるでしょう。

山間部や起伏の大きな地形は影響を受け易く

長狭な谷あいを始めとした山間部や、低山の合間に所々存在している谷戸等、太陽光発電を行う上で注意すべきロケーションも存在します。これらの地域は日照が得られる時間帯が比較的限定されるケースが多く、より短時間で効率良い発電を行う為にパネルの設置場所や角度に工夫を凝らさなければならないからです。場合によって、無理に住宅の屋根にパネルを設置するよりも、近隣の日照良い土地を別途設けそこにパネルを置くといった施工が必要となるケースもあるでしょう。

太陽光発電の価格は、実は高くないんです!導入コストも、毎月の売電によって数年で取り戻せますよ。太陽光パネルは、半永久的に利用可能(部品の一部を除く)。長期的な視点で家計を考えましょう。